中央アジア・キルギスでの青年海外協力隊活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四十九日目

昨日から17時までは日本語を話してはいけない一週間

二日目

ついつい甘えが出て、日本語を話してしまいがち

しかも、ロシア語話す人は廊下で良く出会う、スペイン語やフランス語の人々と比べると、人口が少ないから、言語も耳慣れなくて、あいさつを言っても「えっ?」ってなるから、言葉を発しづらくなる

スペイン語のように気軽でよく聞く、オラ、やフランス語の、ボンジュールがうらやましい

ロシア語のあいさつを普及させないと

で、言いたいことももっとロシア語使わないと!!

トーリカ パ ルースキーです!!

でも、今朝、レッドブル一気飲みして、お腹痛くなって、ちょうどお腹痛い等の表現を習ったばかりだったから、使えてうれしかった!!

先生に、痛い!!って言ったら、痛いのに何でそんなうれしそうですか?って言われた

そらそうだー

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。