中央アジア・キルギスでの青年海外協力隊活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三十四日目

語学の授業は午前のみで、午後いっぱい安全管理の講座

どうしたら自分の身を守れるか

スリや空き巣も怖いけれど、やっぱり、性犯罪が一番怖い

最後の一時間だけ、男女別に講座を受けた

男性の方の授業内容は聞いてないから、知らないけれど、女性の内容は、今までの犯罪被害の実態と対処法って感じ

中には、男女一緒だと辛い人もいるから一緒にしないんだろうけれど、たいていの国は男女どちらの隊員もいるし、同期とは行動を伴にすることも多いから一緒に聞いても良かったんじゃないのかなぁ

なかなか、しんどい内容やったけれど

せっかくの2年間をそんなことで終わらせることがないように、自分でも細心の注意を払って行動していきたいものです

日本ではついついゆるみがちな防犯意識

さっきも暗い夜道を一人で歩いてコンビニまで行って、今襲われたら文句言えないわー、って状況で、
連れを誰か見つけていくべきやったと、反省

道中すれ違った心優しき友人に懐中電灯を貸してもらい、帰り道は明るく照らしながら帰れました
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。