中央アジア・キルギスでの青年海外協力隊活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の活動

昨日は活動最後の日でした。
記念に写真でも撮ってみました。
今のクズルスー村は雪景色です。
今冬は冷え込みが厳しく、イシククリ州は普段ビシュケクより寒いのに、なぜだか、最近は少し暖かめで、それでも朝晩はマイナス10℃くらいはありそう。
ビシュケクはマイナス20℃まで冷えているそうです。

日中はお日様も出て気温が緩むので、道が溶けては固まりつるつるです。
一昨日派手に今冬一回目の転倒を記録しました。
でも、村ではなく、カラコル市出会ったのが幸い、村だと、どろどろになりかねません。

そんな寒いクズルスー村でも子どもたちは元気いっぱい
昨日は天気も良かったので、外で写真を撮ったり、そり滑りをしたり…
最後の日だからと、5時まで居て!!との子どもたちの要望で、普段より長めに施設に居ました。

118.jpg


035.jpg



そろそろ暗くなって危ないし、帰ろうとすると、夕飯が出来たから夕飯も食べて行って!!と…
家にもご飯あるしなー、とは思ったものの、最後だし、せっかくだからみんなで夕飯。
アルティナイの作ったじゃがいもとキャベツのなんだろ、あれは…?おいしかった!!

帰りは暗くて危ないので、途中まで子どもたちが見送ってくれて無事帰宅。
なんだか最後って言うのが実感できない。
明後日村を旅発つときには、孤児院に寄ることを約束したので、そこで実感するかもしれないし、ビシュケク行ってから実感するかも。

でも、子どもたちは、あまりそんな風には見えないけど、寂しいようです。
携帯で無駄にマヤック(日本語だとワン切りっていうんだっけ?ワンコール?)をかけてきたり、「アクティレックが落ちて大変!!どうしよう!!…うそだよー」っかけてきたり、帰らないように荷物を隠したり…

ボランティアってどうにもエゴの部分が多いし、納得できない活動、団体も多いから、自分自身で出来ること、ちゃんと役立つことしようと思って来たけれど、結局そんなに大したことはできなかったし、もともと技術もないから、技術移転なんて出来るわけもないし、評価される活動は出来ていないので、「青少年活動」が仕分けで叩かれても仕方ないかなー、とは思うけど、最近子どもたちの発した言葉で、本当に来てよかったと思います。

「今までボランティア(JICAボランティア含む)が来たことあったけど、1日とか、数時間だけで、毎日この家(孤児院)に通ってくれるボランティアはいなかった。」

それ以上は特に語らなかったけど、子どもたちが望んでいるのは、自分たちの側に毎日居てくれる人なんだと思います。
子どもたちが良かったなら、それで良いのだと思います。
欲を出して、もっと多くの施設!多くの子ども!と活動中思ったこともあったけど、でも、すぐそばにいたあの子たちとの活動を優先させて良かったのだと思います。

本来なら、後任を希望しているし、施設も受け入れ態勢は割と整っている方だし、ディレクトルも協力的で、ボランティア活動をしやすい場所だから、次が来てもおかしくない場所です。
でも、現キルギス事務所の方針としては、後任要請を出せないそうです。
現在、農村開発プロジェクトと障害者支援プロジェクトの二本柱でいっており、そこから外れる派遣はないのだそう。

では、なぜ今自分は青少年活動隊員として、青少年活動をしているのか。
本来タラスに派遣され、そこの障害者施設で余暇活動の充実を図るため派遣されたのですが、政情不安で任地変更をし、その際に、障害児通所施設に配属となり、そこのディレクトルが主に活動していた孤児院のディレクトルも兼ねていたため、孤児院で活動できていたのです。

さらに通所施設がうまく運営されていなかったので、孤児院での活動にシフトしていたのです。
そこで、もし障害者施設を主に活動の場としていたら後任の可能性は高かったのですが、後任要請を出す時期に、ちょうど運営がうまくいっていなかかったため、青少年活動として、孤児院での後任派遣はないと事務所に判断されたのです。

でも、個人的に子どもたちの状況を見て来て、キルギスはアルコール依存による養育放棄が多く、孤児院に入る子どもが後を絶たず、それこそ青少年活動隊員の活動の場は多いと思います。
それなのに、はっきり言って無駄もしくは無意味な青少年活動隊員の派遣はされても、本来の意味で活躍できる青少年活動隊員の派遣はされないのです。
変な話です。

本来日本語教師が入るべき場所に青少年活動隊員を入れたり、本来もっと専門性を必要とするであろう障害者施設に青少年活動隊員を入れたり…青少年活動でボランティアしたい人多いのだからもっと有効活用すべきなのに。
叩かれても仕方ありません。

だから、後任を希望しても、ここにはもう誰も来ません。
近い将来、事務所の方針が変われば可能性はあるけれど。
でも、子どもたちに約束はできません。

彼らは、私以外のボランティアは要らないと、言ってくれたけど、でも、本当は誰か甘えられる人、べたべたくっついても怒らない人、まあ、それを他のボランティアがするか分かりませんが…そういう相手が欲しいはず。
次ももうすぐ来るよ、きっと優しい良い人が来るよ、って言ってあげたかったなあ。

来週頭には帰国報告を事務所で行います。
そこで、後任については再び言及する予定ですが、言った所で何も変わらないのは目に見えています。
なんだかなぁ…

障害者福祉と児童福祉、完全には切って離して考えられないと思うだけどなぁ。
そもそも、キルギスで、障害者に限らず社会的弱者支援はもっと広くされるべきなのに。
障害者って枠にしないで、社会的弱者支援でいいのに!!

2年間で、それが分かっても、なにも出来ないとは、ボランティアって何とも頼りない存在です。
なんとかキルギス事務所のこの方針変わらないかなぁ…。
あーあ…!!
スポンサーサイト
コメント
お疲れさん。
考えるところがあるよねー。現実と制度とかマッチングしないっていうか…でもそういう意見したり(例え通らなくても)こういう場で意志を伝えていくのも一つの方法かなとも思う。

はがいいけどねぇ。
 

ちなみに任期が終わったら、京都へ帰るの?実は今関西に向かってるよ。

博多の方にも来ることあったら、連絡してね。
2011/12/27(火) 07:37 | URL | なおこのひろべ #-[ 編集]
Re: お疲れさん。
おー、ありがとーう
今関西に向かっているということは、旅行か何今の用事よね?
京都にはしばらく住まないなぁ
でも、福岡には一度足を運びたいので、その時は連絡する!!
2011/12/28(水) 22:33 | URL | shino.a #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。