中央アジア・キルギスでの青年海外協力隊活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の実り

ここ最近空気が冷たくなってきたキルギスです。

山の近くに住む同期隊員のところでは、先日雪が降ったそうで、その日我がクズルスー村も夜にかなり冷え込み、朝は木枯らしが吹く寒い日でしたが、雪は降りませんでした。

クズルスー村での初雪観測はいつになるだろう…もう朝は霜が降りているんだけれど、もう少し先か?
ただ、今年はもう帰国も迫りつつあるので、寒いの嫌だけど、早く寒く、よりキルギスらしくなって欲しいような気がします。
やっぱりキルギスには、全て覆う真っ白な雪が一番!!
遠くの天山山脈はもう真っ白なようです、まあ、いつも白いんですが。

そんな今日この頃のお気に入りは、朝起きて庭の一番隅にあるくるみの木の下で、くるみを拾うこと。
日本にもくるみはあるはずだけど、あ、これくるみの木、って意識したことがなかったようで、ここに来て初めて、どういう風にくるみが生るのか知りました。
日本にいる人々はどれくらい知っているんだろう…たぶん同世代は知らない人多いはず

くるみは黄緑の堅い、実の中にあって、それがぽとりと地面に落ちるのです。
落ちる頃には、その堅い実にも亀裂が入り、手でぐいっとこじ開けて、中のくるみを取り出せるのです。
くるみって実際に食べる部分の外の殻が堅いことはよく知られていることだけど、さらにその外側の実の部分まで堅いとは、守りが堅すぎですね。

さて、そんな黄緑の実や、実から自然に落ちたくるみを、落ち葉をがさがさかき分け拾い集めるのは、楽しいものです。
宝探しの様な感じで、今日はいくつ、と勘定しながら集めます。
でも、木に残っている実を見ると、その楽しみもあと1~2日で終わってしまいそう…残念

拾ったくるみは、まだ潤いを持っているので、天日で干します。
ただ、我が家は天日で干していると、来客が、そのまま無断でポケットにインして持って帰るので、家畜の干草を置いている納屋に隠しました。
断りなしに、持って行かれちゃ、食べごろの時には、自分たちの食べる分が無くなってしまうからね。

個人的には、完全に乾いたくるみのほうが好きだし、潤ったくるみを食べるなんて発想なかったけれど、人に勧められるままに食べ始めるとこれがけっこう美味しいです。
なんというか、くるみの風味はあるけれど、よりフルーティーというか、人曰く、牛乳っぽいとのこと、それは同意し兼ねますが…香りがよいことは確か。

そして、そのくるみの堅い殻をナイフで割るのは面倒ですが、よく子どもがやるように、石で打ち割ったり、足で踏みつぶしたりして殻を割るのは良しとしません。
なぜならば、きれいに、半分に割ると、実がハート型に詰まっていてかわいいから!!
ただそれだけ!!
それを見るためだけに、わざわざ面倒でも、いちいちナイフでこじ開けるのです。
かち割ったり、潰してしまったら、せっかくきれいなハートが見れないから面白くないのです。

さて、あともう少しもすれば、完全に乾いて、所謂良く食べるくるみの出来上がり。
食べるのが楽しみです。

そうそう、去年は春先の雪のせいで、まったくくるみがならず、くるみのみならず、りんごもプラムもほとんどだめになったので、今年はプラムも美味しくいただいて、今はりんご食べ放題・なし食べ放題のフルーツ三昧。
木からもいで食べたり、なしは少し熟成させてやわらかくなったのを食べたり、至福です。

周りに実のある生活って良いものです。
日本では、今、田舎のごく一部でしかこういう生活できないかと思うと、恵まれているのかいないのか。
道端で、実をもいで、道中かじりながら、勤務先へ、こんなこと日本でやったら、白い目で見られるんだろう…
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。