中央アジア・キルギスでの青年海外協力隊活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青少年活動だ!!

明日12月3日は障害者の日なので、各地の障害者施設では様々な催しが行われるはずです

うちのディレクトルも、当初、この日より前に、セミナーを開きたいと言って、協力するよう言われていたのですが、それに向けて、何度も何度も、セミナーの目的や対象者等を決めて、計画をすすめないといけないとせっついても、そう話が進むわけもなく…

もうこの段階で彼女の中で何も決まっていないのなら、協力は無理だから、話を振るのをやめようと、思ったところで、別のプランを聞かされました

案の定かーい!!

村にある、ちょっと立派なホールで、子供たちの作品展と子供たちによるプレゼンをして、役場の人に見せたいと

へー

先日ボランティアによる、活動報告会をカラコル市で行い、みんなパソコンとプロジェクターを使ってプレゼンし、それを見たため、パソコン使いたいって言うし

貸すわけないやん

自分のプレゼンでなら頑張って作るけど、ただ、使いたいだけのために、作るわけないやん

村の良く分からん機器に自分のパソコンつなげるわけないやん

ま、でもそれは村にプロジェクターがないから、それ以上何も言われずに済んだけどさ

何はともあれ、3日までにとにかくたくさんの作品を子供たちに作らせよ、とのこと

うーん、展示するために作るのって不本意だ

でも、子供たちがやってくるこの機会を逃すのももったいないし

なんでも孤児院ケレチェックが現在修理中で、活動部屋を設けている幼稚園(旧障害児施設アルチャ)に仮住まい中の子供たち

ドアを開けた、お隣さん

この子たちとの活動は月・火・木と勝手に決めていて、それ以外の日は、家から出られない子供たちの所に行ったり、別の活動をするための日にしているのですが、今はそれも返上して、毎日朝から活動部屋に籠っています

すると、午後授業の子は午前中に顔を出すし、午前授業の子は、放課後にやって来るし

ここに来て、なんだか、ようやく青少年活動!!って感じ

ま、これも家の修理が終わったら、どうなることやらだけど

現に、今も、子供たちが何かしていても、部屋に大人たちがやってきて、用事を言いつけ、連れて行ってしまったり、どこかにいなくなったりするし

まあ、保母さんたちもけっこうな歳だし、なんでも一から作らなきゃいけない、ここでの生活は子供たちが手伝わなきゃいけないことも多いのだけれど、それでも、この国では、大人が子供を良いように使っている気がする

ちょっとゴミ捨てるのにも、何か物を取るにも、すぐ言いつける

それぐらい自分ですれば、ってことを

だから、今までは、子供たちに、大人にも、月・火・木の午後だよって言っていても、今日はキャベツがあるから無理とか、来てもいきなり落ち葉掃き始めたりとか、やたらトマトつぶしていたりとか、なんだか、一日の行動が掴めず、思うようにいかなかったのです

期間限定とはいえ、空き時間にふらっとやって来やすい環境になったのはありがたい

ただ、それだけに、ふらふら来るので、一から説明しなおすこともしばしばで、ただでさえこちらが思う以上に不器用な彼らに何度も説明するのは、疲れるものです

なかには器用な子もいますがね

クリスマス用にカードを作っていたのも、最近は、いつか作ろうと見本で置いていた、くす玉に興味の対象が移ったようで、みんながみんなくす玉を作りたがって困ります

折り紙の基本も出来ていない子が、60ものパーツを作って糊付けなんて…

9.5×9.5の色紙1セット60枚作るのどんだけ面倒と思ってるねん!!

丁寧に作った色紙がどんどんなくなる…ああ~

使うために作ったんだよ…でも!!

もっと大切に使おうよ!!

ってロシア語で言えない自分が悪いんだけど

っていうか、なんで、みんなで一つを組み立てないのかぁ?

一人一つを作るの大変なのに、なんだかみんな独占欲が強い

3つしかない糊やはさみも、いつのまにか、僕の!!私の!!

そして、彼らは日本人は、折り紙を習うものだと思っているようです

あんなのは、なんだか自然と身につけたような気もする、どうだったかな?

折り方とか切り方とか、自然とこうすればきれいになるっていうのを理解したような気がする

日本の子供たちと、こういうことしたこと無いから、分からないんだけど、ここの子たちは、すぐに出来ないやって、ってなるので、良く見るんよ、って教えても、見てない!!

見なきゃ出来んやろ、って思うので、良く見て!!って言うのに、また見てない!!

誰かに教えているそばから、他の子がわーわー話しかけてくるし、聖徳太子じゃないねん

順番待たんかい!!

これがみんな幼稚園児なら仕方ないけど、違うし

これじゃ、大人になっても、みんな人の話に割って入ったり、人の話を聞かなかったり、順番を待てないわけだ

教育って大事だなー

学校で何教えてんのやろ

ただ、折り紙ばかりするのも考えものと思っていたけれど、なかなかこれは良いです

きちんとやらないときれいにならないし、彼らにはかなり高度な技になるようで、出来上がるとうれしそうだし、何より、集中するし、答えがある!!

自分としては、切り紙のほうが、やりたいのですが、これは、答えがないので、今のところ、無理な模様

一人、好きに切ればよいと理解した子はいるものの、なかなか自分の好きなように、ということは彼らには難しいみたい

徐々に、自分の好きなように何かを作るということをやらせたいものです

今は答えの明快な折り紙からってところですかね

そうそう、折り紙の本を見ていたディレクトルが、これを子供たちに作らせて、って言ったのは、きれいに小さいのから大きいのへと並んだ、数十羽の鶴

思わず

「無理!!」と言いました

「どうして?」って言うので、そもそも、折り紙初心者に明日までにきれいな鶴をマスターさせるのは厳しいし、大小ってことは、5ミリもしくは1センチ刻みで数十枚の正方形を作らないといけない

ので、「ここにある正方形の色紙は自分で全部用意していて、この鶴を作るには大きさの違う正方形をたくさん作らないといけないから無理!!」

と言うと、子供たちに作らせればと

「彼らにはまだ出来ないよ?」「なんで?」

そこまで知りたいのなら、言うしかないよね、「なぜならば、キルギスの人々は正方形を作れないから」

ディレクトル爆笑

いずれ、物の使い方に慣れてきたら、自分たちで、用意させたいけど、今は、こちらが用意しないと、せっかく買った品々が無駄になってしまう

業務上必要なものだから、ディレクトルに言って用意してもらえばいいのだけれど、やっぱり自分で見て買ったほうが確実だし、早い

用意を待っていたら、いつになるか分からない

あーあ、かなり自分の生活費から投資してるわー、こういうのは違うんだけどなー

そんなこんなで、一応要望通り多少飾れる程度に数をそろえないといけなかったので、焦っていたのですが、どうやら明日の展示会はないそうです

役場から、必要無いから、と言われたそうで

何やねん、だったら、はよ言わんかい

なんだって、いろんなことを言わないんやろ

いつのまにか決定していること多すぎやわ

ま、いっか、展示会のために活動したくないし

一応ここ最近、ほんとにこの数日、青少年活動出来てます!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。