中央アジア・キルギスでの青年海外協力隊活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つかれたー

今週月曜日にカラコル市にある赤十字に立ち寄る機会がありました

赤十字だけあって、さすがに、職員は英語を駆使していえ、キルギス人とロシア人職員が英語で冗談を言い合っていたり、他では見られないような、いきいき働く人の姿が見られた

一人一台パソコンもあるようだし

高齢者向け余暇活動やストリートチルドレンや家庭環境の良くない子供の支援活動、大学生ぐらいを対象とした青少年によるボランティア活動等、なかなか充実

日本人が施設を見に来たということで、ここぞとばかりに、度々の来訪をすすめられた

そうなるようねぇ

なんでも、最近ビシュケクの日本センターで折り紙や手鞠、クイリングの資料を仕入れてきたそうで、日本語のプリントがちらほら

これらで、ファントレージングをするから手伝ってくれとのこと

折り紙を教えてほしいのと、クリスマスカードをクイリングで作りたいからこれも教えてほしいと

特に断る理由もないし、自分の活動のヒントにでもなるだろうし、引き受け、今日で二回目でした

水曜は折り紙を

なんでも折り紙もファントレージングに使うと

ひとつの折り紙単体じゃ、売れるようなものって難しいし、そうなるとやっぱり派手なくす玉かなー、ってことでたくさんパーツを作らないといけないけれど、簡単なものを教えた

そもそも長方形の紙から正方形を作り出すことがド下手

なんでハサミもまともに使えないのか?

なんでまっすぐ切れないのか?

不思議で仕方がない

とにもかくにも、教えて、組み立てたものの、自分なら欲しくないレベルの出来栄え

教えるからには、あらの少ない、良い商品を作りたいのだけれど…

なんで、こうひどいんだろう

なんで角と角を合わせて折れないのか

でも、ぱっと見派手だし、ディレクトルはきれいだって満足してそうだったし、まあ、いいか

で、次回はクイリングをお願いだって

やったこと無いし、あれ、あんまり好きじゃないんだけどなー

そんなにきれいって思えない

とりあえず見本作っていくからと約束し、昨日一昨日と3作品を仕上げた

クイリングのを一つ、切り紙のを一つ、あとはただ単に受けそうな派手なのを一つ

クイリングはやってみると、細かくて楽しい

はまりそうだ

今まで自分が見たのは、こちらの人が作ったクイリングだったから好きではないと判明

どうにも好みが合わないのです

どちらかというと、彩りを抑えて、まとまりのある作品のほうが好きだけれど、キルギスの人々は、花!!とにかく花!!色!!とにかくいろんな色!!キラキラ!!と派手好み

こういうのを作ってほしいと渡された見本も、絶対自分で教えたくない派手さ

なので自分でひとつ見本を作って今日を迎えたのです

ボランティアの大学生たちに、今日はクイリングをしますと、基本を教え、あとは自分の好きなように、と放置

先日渡された見本と自分が作ったのを見本に

花だらけのほう参考にされたら、ショックだなーと思いつつ様子を見ていたら、けっこう私が作ったものを真似しようとしている人がいて、良かった

キルギス人も好きなように、キラキラもつけたし、クリスマスって分かりやすくしたから、良かったのかも!!

まあ、案の定、最初に4ミリ×15センチの細長い紙を定規と鉛筆とハサミで作るように指示したとき、出来ない!!って言ったのには驚いたけど

なんで!?

鉛筆で汚くなるのは分かっていたけれど、でも、線をひかせなかったら、曲がりくねって切ることは目に見えていたし、それでも、線どおりに切れず、曲がるのには、どうしたら良いのだろう?

それでも、意外とスムーズにパーツ作りは出来て、すぐにみんな出来て良かった

けっこう答えどおりにしないといけないって受け答えをよく見るのに対し、思いのほか自由に作っていた

ただ、最終的にやっぱり自由すぎて、どうにもこうにも、なんでもかんでもつけてやれ、って感じの派手の集大成が出来てしまうのは、これまたどうしたら良いのだろう

美術を勉強しているわけでもなんでもない人たちに、今まで派手なものを良しとしていた人たちに、色はある程度抑えるとまとまりが出るとか、光物をポイント使いすると、引き立つとか、なんていうかそういう説明しにくいことを、ぽんっと言ったところで伝わらないだろうし

それで、売れるのなら、良いけどさ

ファントレージングとして成り立たないと意味がないし

そもそも彼らはファントレージングだと理解していたのか?

自分のが出来たらさーっと帰ってしまって、後片付けもせず、散らかり放題散らかして帰っていったし

何か勘違いしていないかな?

高齢者活動責任者と思しき赤十字側スタッフが途中から一緒に作っていて、結局、彼女と二人取り残されてしまった

彼女に一応最初の準備から最後の片付けまでが彼らボランティアのするべきことだと思うよ、って伝えておいたけど

むしろ売るときだって彼らに手伝わせて人々の反応を見るべきだろうし

っていうか、学校の授業で、いや学校じゃなくても、自分が使ったものは自分で片付けるって習わないのかなぁ?

スパンコールとビーズとラメと、片づけるのどんだけ面倒と思っとるねーん!!

ラメなんか、もうひっちゃかめっちゃかすぎて、色混じってしまったやないかー!!

でも、いらいらしても仕方ないし、今度からこういうことも教えてあげてね、なんて話をしつつお片付け

ちょうどお昼時だったし、チャイとサムサをいただき、ほっと一息

赤十字がどんなファントレージングするのか見てみたいなー
スポンサーサイト
コメント
No title
すごーい!
キルギスにそんな病院あるんだ!?
英語で会話ってレベル高☆

なんか色使いの感覚分かるなぁ。
全身赤とか全身緑のひととか見るし。
バランスってもんをしらないよね・笑

しのちゃんの色彩感覚に学んでくれるといいねぇ^^

それにしてもその病院見てみたいっ。
2010/11/13(土) 21:36 | URL | ko-jo #-[ 編集]
Re: No title
あ、赤十字っていっても病院じゃないねん

赤十字支援で出来ている、キルギスにある赤十字の州支部って感じの総合支援施設だと思う

歯医者さんは併設してたけど

しかも赤十字と同じなんだけど、赤十字じゃなくて、イスラム国だから、赤新月社っていうところやねん

たぶん、ウズベクにもたくさん支援入ってると思う

よく病院とか福祉施設に、トルコみたいな、赤い月マークの入ったポスターとか貼ってあるんだけど、あのマークが市スラム国での赤十字やねんてー

ウズベクからキルギスって来れるようにならないのかなー


2010/11/14(日) 11:43 | URL | shino.a #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。