中央アジア・キルギスでの青年海外協力隊活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルギス車考

キルギスには、いろんな車が走っていますが、ベンツ・アウディ・日本車が多いです

よくわからない車はたぶんロシア製だと思われます

で、見ていて思うのが、ヨーロッパ、日本人からすると外車にあたるこの車たちは、どうにもこうにも、でこぼこだって走ってやるぜ、ぶつかったって知らないぜっ、っていう趣をしているなと

見るからに硬そうな

それと比べて日本車は、外車に囲まれたら、くちゃっとつぶされそうな柔らかみを帯びているような気がします

ただ単に丸みを帯びたフォルムの問題なんだろうけれど

実際には、どの車種であっても、でこぼこ傷を携えて、元気に走り回っています

人気の日本車は、やはりトヨタのようで、でも、ホンダもけっこう頑張ってるみたい

これだけ、多くの日本車を、しかも日本車は最近のが多いのを見ると、普通のサラリーマンの月収が4000ソム、大体日本円で8000円くらいなのに、どうやって買っているのか謎です

日本ではクラッシックカーに分類されるだろうふるーい車もたくさんあるけれど、それと同じくらい最近の型を見る

一体全体どのような人々が買うのかねぇ

空気悪いなーって感じられて、毎日鼻の中真っ黒になるくらい、きったない排気ガスを出すほどの車の台数が多いんだから、一部の富裕層のみが、保持しているとは思えないんだけどなー

むむ、不思議だ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。