中央アジア・キルギスでの青年海外協力隊活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この半年ほど、キルギスの村落開発普及員が日本の無印良品に卸す商品作りに、ビシュケクとイシククリ州を行ったり来たり、駆け回っていましたが、クリスマス商品として現在店頭に並び始めています!!

イシククリ州でフェルトのおみやげや、手工芸を作っている女性の各団体が今回制作をしました。
キルギスは、羊が山ほどいます、よってフェルト商品も山ほどあります。
でも、それらは、ごく一部の優秀なブランドや、作家さん以外の物は、はっきり言って、微妙なものも多いです。
どうしても、見本とする良いものが少ないのか、商品としてどんなものが良いのかいまいち分からないせいなのか、良い商品が出来ない原因は様々だとは思いますが…

今回は、日本で、世界で売る商品と言うことで、村落隊員さんたちはあちこち駆け回り、指導したり、手伝ったり、せかしたり、頑張っていました。
彼らは私の丸1年後輩にあたりますが、それはそれは頼もしい働きっぷりで、施設でのらりくらりと働いてるわが身を反省することしきりです。

それはさておき、キルギスの女性たちも、今までに経験したことのないくらい、たーっくさん働いたようです。
いつも、仕事より他のことを優先してしまったり、仕事での取引をそれほど大事と考えないことが多いのか、すーぐ約束を忘れたりする彼女たちも、期限を守る、大量生産する、商品規格を統一する等々…もったいないなー、という働き方をする彼女たちですが、今回商品作りがどういうものか体感したことが、今後の物作りに影響を与えたらよいと思います。

まあ、私はみんなが忙しく働いているのを傍観していただけなので、あんまり良く分からないのですが…でも、日本で無事商品が並んで本当に良かった!!

キルギスのフェルト、ぜひ手に取ってみてください。

http://www.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fryohin-keikaku.jp%2Fnews%2F2011_1012.html&h=WAQDCCBU9AQBP-fFkjmYyO6XGUQVDl4213b7g9gizXA2KJg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。