中央アジア・キルギスでの青年海外協力隊活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと3カ月

27日早朝、21年度2次隊の先輩たちが帰国、いよいよ一番古参の隊次となってしましました

26日はドイツビールの店でご飯を食べた後、先輩方の泊まるホテルにてビールやウォッカを開け、朝4時の出発まで語り明かし、真っ暗な中空港へ。
ビシュケクの空港は、別れを惜しむ間もなく、次々と中へ入らねばならず、感傷に浸ってなどいられません。
あっという間に4人はドアの向こうへ。
そうして、また真っ暗な中、ビシュケク市内へ戻り、仮眠をとったあと、任地へと再び帰って来たのです。

21年度1次隊を見送った3か月前は、空港から戻る時に朝日がきれいで、きれいに照らされたキルギスを見て帰れていいなー、と思ったものです。
自分が帰る1月は、離陸時、おそらく真っ暗で、キルギスのきれいな山々を見ることは出来ないんだろうな。
最後に、連なる山々を見ながら帰りたかったけれど。

さて、ここからは、残り3カ月のカウントダウン開始!!

帰国オリエンテーションも行われ、我が3次隊の帰国便も決定。
予想通り、モスクワ経由で帰ることになりました。
ああ、また飛行機で具合悪くしなきゃいいけど…。
気合い入れて乗らないと!!って話をしたら、また気が抜けた瞬間に真っ青になっても困るから、適当に気を抜いて乗りなさい、と言われました、それもそうだ。
あの時は日本離陸直後に、みるみる真っ青になっていったらしいからねぇ…どんなにみんなのダウンをかけてもらっても寒かったしなぁ。
もう二度とあんなしんどい思いはしたくないものです。
モスクワから日本までの長距離がかなり心配ですが、この2年で、日本出国時と比べ物にならないくらい、心強い支えとなってくれている同期たちがそばにいれば、なんとでもなるでしょう。

3次隊は年末を挟むため、首都での最終報告が他の隊と比べて、早めに行われるため、任地を離れるのも、一週間以上早いです。
すでに、帰国時用のホテルを24日から手配済みらしく、その辺りには離任して、帰京せねばなりません。

ということは、あと3カ月ない!!

来月は総会と大統領選挙をを控えての安全対策会議も行われるし…それでなくても秋は収穫と冬備えで大忙しの時期で、子どもたちも借り出され、とてもゆっくり活動どころではないのです

そんな中、どうやって、残りの時間をなんとか形にするか…

昨日も今日も冬に食べる保存用サラダ作りで子どもたちは大忙し、とてもとても、図工だなんだと、言える余地はなく、一緒にニンジンの皮むいたり、じゃがいもほったり、トマト洗ったり。

もう少しでじゃがいも休みがあったはずだし、落ち着いて活動できるのは11月から一カ月くらいかもね。
それまで、今まで教えたこと、やったことを、子どもたちだけで、やっていけるように、何かに書いて残そうか、と思っているけれど、すぐに無くすだろうなぁ…。
最終報告に向けた準備も少しずつ始めたいし、子どもたち一人一人に手紙でも残したいし、自分の荷物も夏物から処分し始めないといけないし、どこからなにをすればいいのやら…ついつい思い出作りにばかり走りがちな自分に渇を入れねばなりません。

なんて言いつつ、明後日も、カラコル市でリナットさんを囲んでの思い出作り!!カレーを食べたいと言うので、朝から煮込んで美味しくいただく予定です!!
ま、とりあえず、明日は、日曜日が先生の日で、月曜に学校で子どもたちはお祝いするはずなので、ギフトカードでもみんなで作りますかね。
明日行ってみないと、子どもたちの手が空いていて、活動できるか分からない所ではあるけれど。

家に帰れば帰ったで、こちらも、保存食作りに余念がありません。
今日はスビョークラ(ビーツ)のサラダを作っていました。
真っ赤なスビョークラのサラダは、日本ではなかなかお目にかかれない代物です。
スビョークラはそのままでほんのり甘くて、色がきれいで、サラダにするととても美味しいし、ボルシチには欠かせません!!

今日も仕込んでいるそばからつまみ食い。
美味しくて完成を待ちわびていると、「今朝ケフィール(ヨーグルトのようなもの)を作ったから飲みなさい」と、コップに満々と注がれるケフィール!!自家製!!美味しい!!もちろんもとになっている牛乳も我が家の牛から。

最近おそらく腐った玉子を食べて、当たって体重が日本にいたくらいに落ちていたのに、これじゃあっという間にキルギス体重に戻りそう。
その後完成したサラダも、ビンに詰めるそばで、お皿2杯平らげました。
こうして収穫の秋に、冬に備え太るんだろうなぁ。

合計10個のビン詰めサラダが出来上がり、1つは日本に持って帰る予定。
「家に帰って、これで家族にボルシチ作ってあげなさい」だって。
もったいないから、そのまま食べるけどね。
ボルシチは別に作ればいいし。
無事日本に持って帰れると良いけれど。
そんなこんなで、最近帰国時の話題が増えた夕飯時の我が家です。

あーあ、今年も家で年越ししたいなー。
美味しいものいっぱい作って、とりあえず、大統領の年始の挨拶を訳も分からずテレビで見て、そのあと道で手持ち花火打ち上げて…、寒いよー、って言いながら家に入って、あったかーいチャイ飲みながら、いっぱいつまみ食いしてるからもういらないのに、ごちそうまた食べて、新年を祝うのだ!!
一回家引き払った後に、また遊びに戻れたら戻ろうかな。
紅白なんて、ビシュケクで今年また見られなくても、ドリカムの部分だけ、どこかに落ちてるネットで見れば良いんだもの!!

こんなあと3カ月の雑感…

さ、明日の活動準備しよっ






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。