中央アジア・キルギスでの青年海外協力隊活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コムズのレッスンへ

村の音楽学校はもう夏休みで休業中
とはいえ、3か月も休まれたら残り少ない日数で、より多くの曲を学びたい身としては、非常にありがたくないお休み
先生にもっと教えてもらいたいんだけど…と言うと、学校に出てきている期間中は学校で、それ以外は可能であれば家で教えてくれることに
15日までは出勤中と言うことで、今日は音楽学校でのレッスン

昨日電話で午後2時の約束をしたけれど、どうにもこうにも怪しい雰囲気だと思ったら、案の定の待ちぼうけ
3時になってようやく現れた
待ちぼうけにもだいぶ慣れた
先生は割と携帯の残金もちゃんと入れてるタイプだから、連絡もつきやすいし

ただ、今日おさらいして、新しい曲にいくはずが、もうおさらいしている曲は分かるでしょ、じゃ次って感じで聞いてくれなかった…!!
まあ、いいけどさー、あとは自分で何回も弾くしかないし

新しい曲も、楽譜に載っている曲を教えてくれようとしていたのだけれど、先生が習った時と大分違うようで、悪戦苦闘…本当に今日教えてくれた弾き方で良いのだろうか…
コムズは口承で伝わり、楽譜にされたのはごく最近のことのようで、以前は習う人が違えば、同じ曲でもかなりニュアンスの違うことがよくあり、今でも習う人により、また村村により、違う弾き方をしています
でも、楽譜で教えてくれるなら楽譜通りに教えてもらえるほうがあとあと助かるんだけどなぁ…
あんまり好みの曲じゃなかったし、自分でこれ教えて!!って言えば良かった

帰国までにあと何曲習えるかなー
どんなに村でたくさん習っても、ビシュケクメンバーの弾き方とはだいぶ違くて合わせづらく、アンサンブルに参加できないのが非常に残念…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。