中央アジア・キルギスでの青年海外協力隊活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルギスと、日本の地震

昨日、日本にいたキルギス女性と会いました

キルギスは、先週大統領により、日本にいる150人ほどのキルギス人を帰国させるための飛行機が出ました
それに乗って帰ってきた人は85人ほどだったかな?
彼女はその中の一人

実は駒ヶ根訓練所で一度会ったことがあったのだけれど、しばらく気がつかなかった

6年間日本に住んでいて、キルギスに帰れますって連絡が来ても、すぐに、はいそうでうか、とはいかなかったそうです
今回帰国した多くのキルギス人が、同じように感じ、日本のために何かしたいと思ったそうです
ただ、こちらの家族も心配しているし、帰ってきた人が多いと

彼女いわく、こちらの人々はロシアニュースを見ている人が多く、ロシアニュースは必ずしも真実のみを伝えているわけではないようで、脚色もされていて、キルギスの人々は、本当にもう日本はダメだと、危ないところだと、感じている人が多いとのこと

とはいえ、実際、日本に住み、日本人を理解し、地震にも遭い、その後の日本も見た彼女は、キルギスに広がるこの風評被害を無くすために、活動したい言っていました
今現在、日本語を勉強し、日本留学を夢見ていた学生のためにも

去年の革命後、日本でも、キルギスは内戦状態であるかのような報道がなされ、日本各地で、キルギスを知ってもらう活動をしていたそうで、それと同じことをキルギスでしたいと

素晴らしいねぇ…

日本人は絶対大丈夫です

と力説してくれました

大方の人々が、本当に心配してくれて、日本人家族の一人や二人、受け入れるくらいなんてこと無いよってボランティアは周りの人に良く言われているし、給料少ないのに、自分の給料一か月分義捐金にしたいって言ってくれる人や、震災で孤児になった子供を引き取りたいって人など、とてもあたたかいです

キルギス国家としても、いろいろ救援したいとのことだけれど、外交的問題でうまくいかず、今のところ、キルギスの有名な飲料メーカー、ショロ社のミネラルウォーターを東北地方に届けたとのこと

そうか、あの、ロシア語表記の水が、日本に…なんだか変な感じ




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。