中央アジア・キルギスでの青年海外協力隊活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大統領!!

今月またビシュケクです…先月上京したので、4月までは落ち着いて任地にと思っていたのに、今月定例の安全対策会議がおこなわれることになり、併せて、オトゥンバエバ大統領と接見することになり

安全対策会議は、大した内容でもなく、今後も引き続き、危険度の高まる日には要注意しましょうって感じ
特に新情報も無いし、4月にまた暴動起きるやも、っていう噂も噂に過ぎないだろうし、今年年度末の大統領選の時にまた多少の小競り合いはあるんだろうけれど、大したことはないでしょう

オトゥンバエバさんには17日に、ホワイトハウスで会ってきた!!

ホワイトハウスは去年4月の革命の際の中心地
今はもう、その時の焼け跡や、ガラスの残骸など、一切ありません
さすがに、キルギスと言えども、ホワイトハウス、警備はしっかりとしているようで、キルギス滞在身分証のみの携帯を許され、カメラ持ち込みできず…残念
大統領を激写したかったのに

大統領の前で、キルギス語隊員・ロシア語隊員計7名が活動報告するも、結果、「キルギス語が話せないキルギス人もいるのに、こんなに上手に日本人がキルギス語を話すと言うだけで、素晴らしい価値があります」とのこと
じゃあさ、もういっそ、公式の場でロシア語隊員表に出すのやめようよ
どうしたってロシア語のほうが原稿作るのも覚えるのも話すのも大変なのに、報われなさ過ぎ
みんな好きで、どっちかの語学選んでるわけじゃないのに、なんだかいつも感じる子の不公平感
大統領でさえも…!!

ま、とはいえ、大統領はやはり教養がありますね
日本にも、JICAにも、理解があるというもは、私たちボランティアにとってはやりやすく、ありがたいことです

同期の石鹸隊員は、最近復活させたキルギスの幻の石鹸をプレゼント
はたして、使ってくれるのでしょうか?
FECEBOOKで、使用感のアップとかしてくれないのかなあ?
ちなみに、接見時の様子が大統領のFACEBOOKにて紹介されています、興味のある方はぜひご覧あれ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。