中央アジア・キルギスでの青年海外協力隊活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い天気です

15日、今回の政変による騒動を受けて、安全対策会議が首都で行われました

なので、全員ビシュケク集合です

一カ月ぶりの再会は良いものですね

それに合わせて、先日着任した日本大使が公邸に地方隊員を招いて食事会を催してくれました

今回は人数が多いので立食イタリアン

京都の生まれということで、それだけで、理由もなく期待

イタリアンとは聞いていたものの、玉ねぎのムースとカレーも出て、おいしかった!!

一から作るカレーは、どうしたらあんなにおいしくなるんだろう

そこらへんで普通に帰る食材で作っているそうだから、自分でもできると思うんだけどなぁ

まあ、なにより、デザートのケーキがおいしかったー!!

久々に日本で食べるような、甘さ控えめで、きめの細かい、舌触りのいいケーキだった

ロールケーキとスフレタイプのチーズケーキと、チョコレートケーキ

幸せだねぇ

今後もこうして食事会を頻繁に公邸で開きたいということなので、ぜひデザートビュッフェ希望

しかも大使はソムリエ資格も持っているので、美味しいワインがたくさん

お酒は飲めないし、たしまないけれど、デザートワインっていうのかね

甘くて、ぶどう生搾りのような、ジュースみたいで、でもジュースほど喉に残る甘さがなくて、美味しかったー

いや、良い日でした

しかも、地方隊員には悪いけれど、17日もデモの危険性があるということで、任地に帰るのを待つよう言われ、みんなの滞在がのびたのです

おかげで昨日の夕飯もみんなで楽しめて満足

せっかく地方から上がってきても、何かと首都でやらないといけないことが忙しく、ゆっくりする機会がないのです

ビシュケク隊員は休みを取って上がってくる隊員と違って平日は仕事があるし、自分が仕事の間に地方隊員は帰ってしまうから、とっても寂しいものなんだなーと実感中だっただけに、もう少し会う機会が持てるとなって、ビシュケクのう同期とともに大喜び

だから、同期がわたしの任地が決まり、家から出て行くとなると寂しいなんて言うのを聞くと、ビシュケクで任地探そうかなんて気も起きたり起きなかったり

とりあえず今週荷物を引き揚げにタラスへ行けそうです

そのあとイシククリ州へ行って任地探しをするつもり

活動再開は果たしていつになるのでしょう


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。