中央アジア・キルギスでの青年海外協力隊活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もったいない

要素はあると思います

キルギス

でも、活かし切れてないね、とよく話すのです

おいしいフルーツたくさんあるし、乳製品豊富だし、小麦も良いのがあるらしいし、バターも日本より濃厚なようだし、それなのに、売ってるケーキがひどい

なんかもう、なんでこうなるん、っていう出来上がり

なんでー

良い要素はあるのに

で、それは人間にも通じるんですね

キルギス男性は、まったくもってかっこいい人がいません

女の人らはみんなきれいなのに

なんでだろう

子供たちもかわいいし、どこで、方向間違うのか…

でも、そん彼らも、日本人と顔立ちが似てるとはいえ、背はもっと高いし、みんな体もがっしりしています

なのに!!

もったいないねぇ

何が悪いって、一様に切られた、短い髪形が一番悪いと思うのです

スポーツ刈りとも違う、耳丸出しで、きれいに形作られた丸い形

なんとも表現しがたい

あれは、雰囲気イケメンの小栗旬なら瞬殺です

いっきに不細工です

あな恐ろしです

たまに、様相の違う若いい人がいると思うと、たいていロシア系

がんばれキルギス男子

ま、キルギス語のナジーラ先生29歳女性、に聞いたところ、「かっこ悪いですかー、えー?」とのこと

あの短い髪が素敵らしいです

分からん
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。