中央アジア・キルギスでの青年海外協力隊活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術のモスクワ!!

冬のロシアは観劇シーズンの様です。
夜が長いからかな?
朝は9時くらいにようよう白くなってきて、夕方5時にはけっこう暗くなってきているくらい、日中短く、観光も駆け足駆け足!!なのでせっかくだしと思って、オペラ皮きりに、オーケストラ、ピアノコンサート、観劇、ピアノコンサートと芸術贅沢ざんまいと過ごしました。

日本と比べたら格段にチケットは安いです。
ロシアの街中には、町中のシアターのチケットを取り扱っているチケット売り場が至る所にあります。
チケットぴあがたくさんある感じ。
当日でも、今日何か無い?紹介して。とお願いすると、おばちゃんたちがぱぱっと調べて、チケット発券してくれます。

まずは手始めにオペラかバレエでお願いしたところ、子供のための劇場でなんとかっていうオペラがあるわよって、紹介してくれて、なんだかよく分からないけど子供向けなら分かりやすいかな、と思い、ボリショイ・サーカス近くの劇場まで足を運び、鑑賞…子供向けとは言いながらも、本格的で、きちんとオーケストラピットもあり、生演奏です。
1幕目終わってプログラムを読んで気がついたのだけれど、なんとまあ、プーシキン作、チャイコフスキー作曲によるオペラでした。無知って怖い…

有名な「エフゲニ―・オネーギン」とのこと

ロシア語、オペラ…はっきり言ってほとんど分からなかったけれど、雰囲気楽しめたから良し。
オーケストラの演奏も聞けたし。

何より今回一番楽しみにしていたのは、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院にあるラフマニノフホールで開催されるラフマニノフ三重奏!!ラフマニノフって名前の付いたホールでラフマニノフを聞くなんて、こんな素敵なことあるでしょうか!!単なるおのぼりさんですがね。

ここのチケットは音楽院で直接買うので、当日買いに行くと売り切れ!!なんと!!こんなショッキングなことがあってよいのか…もうチケット無いのか、おばちゃんに確認すると、別の窓口に行けばあるかもしれないとのこと…でも、他の売り場どこか分からないし。他にも当日チケットを求める人々がいたので、若い学生と思しき男性の後をつけて行くと売り場がありました。が、こんでいるし、彼がたずねているのを聞き耳立てても、当日券はもう無さそう。あーあ、でもどうしても、ラフマニノフホールで何か演奏を聴きたかったので、別の日のショパンピアノコンサート件を購入。ショパンショパーン!!


481.jpg
ラフマニノフホール。昔の演奏会っぽくてかわいーい



それにしても、若い人々がクラシックを聴きに足を運ぶ風習って良いものですねぇ…
こういう文化の根付く街って良い!!
ショパンの演奏は、あまり知らない曲ばかりで、もっといろんな曲聞かなきゃ、と思い知ったけれど、心地よし。
生の演奏っていいわ~

演劇はモスクワのふるーいマールイ劇場での観劇。ボリショイは残念ながら、長年の修理を終えたばかりで、チケットは完売している模様。なのでこちらを売り場で勧められて。「皇帝ボリス」。古典らしいです。はっきり言って、全然分かりませんでした!!

821.jpg
マールイ劇場内部



チケット売り場で、オーケストラが見たいと言って買ったのが、近年出来た会場でのシュトラウス・ガラコンサート!!でも、シュトラウス?知ってるけど、そんなに詳しくなーい、と思うもつかの間、とっても良かった。
指揮者がオーストリアのペーター・グートさん。シュトラウスのスペシャリストだそうで、バイオリン片手に指揮をしたり、ユーモアたっぷりに会場を盛り上げたり、シュトラウスの音楽が大好きなんだろうなー、っていうのがびしびし伝わって来て、聞いていると楽しくなってくる音楽、おお、言葉そのものですね、”音楽”でした。

ビシュケクに帰って、ネットを開いてすぐに検索したら、日本にも度々公演に来ている方だったとは!!
来年新年早々にもコンサートがあるようで、チケット予約しちゃった。モスクワ芸術デーは日本まで続くようです。でも、またあの演奏が聴けるとは~やったぁ。

そうそう、指揮者にお花を渡した小さな男の子がいたのですが、一人前の正装で!!とってもかわいくて、アンコールの時、また前のほうに出てきて、指揮のペーターさんに向かいお辞儀の真似等していたら、そのまま、舞台にペーターさんがあげてくれて、彼に指揮棒を渡し、自分はラデッキ―行進曲をバイオリンで弾いて、バイオリニストたちと行進を始めました。その間男の子はタクトを一生懸命振っていて、とってもかわいかったです。将来の、千秋先輩だなっ。

274.jpg
かわいい指揮者



最後に見にいったのが、再びモスクワ音楽院のピアノコンサート。ラフマニノフホールではなく、小ホールのほうで、2台のピアノによるコンサート。ブラームスとシューマン、ラフマニノフでした。

ブラームスは二台のピアノのためのソナタでちょっと長くて、疲れもあり、飽きてしまって、集中して聞けず後悔。でも、最後のラフマニノフが良かった。ま、言っても、ピアニストによる演奏の違いなんて初心者にはぜーんぜん分からないし、今弾いている曲が好きかどうかぐらいでしか分からないんだけど。とはいえ、ラフマニノフ組曲第1番幻想的絵画、良いですねぇ。最後の最後と言うこともあり、第4楽章復活祭良いねぇ。力強くて。男性が弾くピアノって良いですね!!

ピアニストはパーベル・ネルセシアンさんとアンドレイ・ピサーレフさん。パーベルさんがまたダンディで、お辞儀とか、観客に向ける笑顔とか、そういう部分も素敵なピアニストだった。日本にも小さなリサイタルとか公演しに来ているようです。だからなのか、ただ素晴らしいピアニストだからなのか、日本人と思われる観客がちらほらいました。多分音楽院で学ぶ学生さんとか関係者とかと思う。演奏終了後、楽屋に人が集まっていて、語らっている様子が見えました。普通にピアニストの方に話しかけられそうな雰囲気だったけど、関係者ばかりのところにのこのこ行っても恥ずかしいし、しかも日本人いたら余計自分のロシア語とか、音楽の知識の無さとか恥ずかしいから、声かけれず…でも立ち寄ればよかったかな。

と、大満足のロシア旅行でした!!
また、冬のロシアに芸術を楽しみに行く機会を持てたら、良いなぁ…


800.jpg
これが、あのボリショイ劇場!!

スポンサーサイト

ロシア!!モスクワ!!

帰国間際、あと1カ月の任期ですが…初の任国外旅行へ行ってきました!!
もう、この際、海外行かずとも、キルギスで2年費やそうと思っていたけれど、行こう!!と誘われ、せっかくだしということで。
でも、行って良かった、誘ってもらって感謝感謝。

11月25日~12月2日まで、ロシアのモスクワへ!!
キルギスが任国で良かった。
でないとロシアに、旧ソ連に興味をそんなに持たなかったし、ロシア語全く分からないから、ロシア旅行なんて敷居高すぎる。

ロシア人って、むかーしのニュースのイメージで、みーんな黒いもふもふの帽子かぶって、もこもこの服着て背中丸めて、むっつりして歩いているのかな―、と思っていたけれど、お洒落!!素敵女子多い!!素敵男子も多い!!
女性は90%美人で、アジア人顔さらすのが恥ずかしくなるくらい。
でも、向こうは他人のことなんて気にしなーいって感じで見向きもせず。
人からじろじろ見られない国って、良いなぁ。

それと、話しかけても、聞いてもらえないとか、笑ってくれないとか、良くない話を聞いていたものの、みんな親切丁寧に対応してくれてました。
細かいのが無いからお釣りをくれないなんて話や、ロシアのトイレは汚いから、ホテル等で済ませるべきなんて話もあったけれど、みんなちゃんとお釣りくれるし、ぼったくられることもなかったし、トイレも日本と同じレベル。観光地にある簡易トイレも、そんなに言うほど汚くなく、いろんなところにあって便利。
トイレ使用に対して、お金払うことにもキルギスで慣れてるし。

今回手続きに手間取って、在キルギスロシア大使館の職員に、「書類に不備があるって言ってんだろ!!受け取れないよ!!」って感じに、こわーい対応をされて、またあの人に書類提出しなきゃいけないぐらいならもうロシア行けなくても良い!!とまで思いました。
でも、懲りずに書類揃えて、ビザ受け取った甲斐があった。
もしこれが日本からだと、代理店通さないといけないし、今回泊まったホテルも日本から代理店を通すとかなり高くなってしまうし、なかなかロシアを個人で旅行するには大変だと思います。

何より、今現在拙いとはいえ、ロシア語が分かるし、自分の言いたいことも言えることがかなり良かった。
もし、何か分からなくて、英語で質問したら、もっと対応も違ってきただろうし、ロシア語で拙いながらも、一生懸命聞いてる感が、向こうにも伝わって良くしてくれた部分はあるように思います。
実際何回かロシア人に、ロシア語話して偉いわねー、って感じに褒められました。
駅のホーム等の表示も英語ないし、一人で街歩きする時も迷わずさくさく歩けるのは、ロシア語が分かるおかげ。
いろんなチケットも、売り場でちゃーんと買えて、楽しめたし。
日本からのツアーだと、自分でその日にやっているお芝居や、コンサートのチケットを自由になんて買えないだろうし。

キルギスでロシア語で良かった、なんて思ったこと無いのに、初めてロシア語で良かったと思えました。
しかも、ロシアで聞こえてくるロシア語は美しい!!
みーんなロシア語だし、丁寧に話してくれる。
キルギスだと初対面の年下からでも、英語で言うYouを私に対して使う時、敬う形のВЫ(ヴィ)ではなく、ТЫ(ティ、あんた・おまえ)で話かけられ、なんで初対面でそんな不作法な呼ばれ方されなきゃいけないんだ、と思うことしばしばだっただけに、みんな丁寧にあなたと読んでくれて感激。
キルギスでは店員さんもよくティで声をかけてくるのです。

そんなロシア雑感です。
また写真等は後ほど…

この半年ほど、キルギスの村落開発普及員が日本の無印良品に卸す商品作りに、ビシュケクとイシククリ州を行ったり来たり、駆け回っていましたが、クリスマス商品として現在店頭に並び始めています!!

イシククリ州でフェルトのおみやげや、手工芸を作っている女性の各団体が今回制作をしました。
キルギスは、羊が山ほどいます、よってフェルト商品も山ほどあります。
でも、それらは、ごく一部の優秀なブランドや、作家さん以外の物は、はっきり言って、微妙なものも多いです。
どうしても、見本とする良いものが少ないのか、商品としてどんなものが良いのかいまいち分からないせいなのか、良い商品が出来ない原因は様々だとは思いますが…

今回は、日本で、世界で売る商品と言うことで、村落隊員さんたちはあちこち駆け回り、指導したり、手伝ったり、せかしたり、頑張っていました。
彼らは私の丸1年後輩にあたりますが、それはそれは頼もしい働きっぷりで、施設でのらりくらりと働いてるわが身を反省することしきりです。

それはさておき、キルギスの女性たちも、今までに経験したことのないくらい、たーっくさん働いたようです。
いつも、仕事より他のことを優先してしまったり、仕事での取引をそれほど大事と考えないことが多いのか、すーぐ約束を忘れたりする彼女たちも、期限を守る、大量生産する、商品規格を統一する等々…もったいないなー、という働き方をする彼女たちですが、今回商品作りがどういうものか体感したことが、今後の物作りに影響を与えたらよいと思います。

まあ、私はみんなが忙しく働いているのを傍観していただけなので、あんまり良く分からないのですが…でも、日本で無事商品が並んで本当に良かった!!

キルギスのフェルト、ぜひ手に取ってみてください。

http://www.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fryohin-keikaku.jp%2Fnews%2F2011_1012.html&h=WAQDCCBU9AQBP-fFkjmYyO6XGUQVDl4213b7g9gizXA2KJg


あと3カ月

27日早朝、21年度2次隊の先輩たちが帰国、いよいよ一番古参の隊次となってしましました

26日はドイツビールの店でご飯を食べた後、先輩方の泊まるホテルにてビールやウォッカを開け、朝4時の出発まで語り明かし、真っ暗な中空港へ。
ビシュケクの空港は、別れを惜しむ間もなく、次々と中へ入らねばならず、感傷に浸ってなどいられません。
あっという間に4人はドアの向こうへ。
そうして、また真っ暗な中、ビシュケク市内へ戻り、仮眠をとったあと、任地へと再び帰って来たのです。

21年度1次隊を見送った3か月前は、空港から戻る時に朝日がきれいで、きれいに照らされたキルギスを見て帰れていいなー、と思ったものです。
自分が帰る1月は、離陸時、おそらく真っ暗で、キルギスのきれいな山々を見ることは出来ないんだろうな。
最後に、連なる山々を見ながら帰りたかったけれど。

さて、ここからは、残り3カ月のカウントダウン開始!!

帰国オリエンテーションも行われ、我が3次隊の帰国便も決定。
予想通り、モスクワ経由で帰ることになりました。
ああ、また飛行機で具合悪くしなきゃいいけど…。
気合い入れて乗らないと!!って話をしたら、また気が抜けた瞬間に真っ青になっても困るから、適当に気を抜いて乗りなさい、と言われました、それもそうだ。
あの時は日本離陸直後に、みるみる真っ青になっていったらしいからねぇ…どんなにみんなのダウンをかけてもらっても寒かったしなぁ。
もう二度とあんなしんどい思いはしたくないものです。
モスクワから日本までの長距離がかなり心配ですが、この2年で、日本出国時と比べ物にならないくらい、心強い支えとなってくれている同期たちがそばにいれば、なんとでもなるでしょう。

3次隊は年末を挟むため、首都での最終報告が他の隊と比べて、早めに行われるため、任地を離れるのも、一週間以上早いです。
すでに、帰国時用のホテルを24日から手配済みらしく、その辺りには離任して、帰京せねばなりません。

ということは、あと3カ月ない!!

来月は総会と大統領選挙をを控えての安全対策会議も行われるし…それでなくても秋は収穫と冬備えで大忙しの時期で、子どもたちも借り出され、とてもゆっくり活動どころではないのです

そんな中、どうやって、残りの時間をなんとか形にするか…

昨日も今日も冬に食べる保存用サラダ作りで子どもたちは大忙し、とてもとても、図工だなんだと、言える余地はなく、一緒にニンジンの皮むいたり、じゃがいもほったり、トマト洗ったり。

もう少しでじゃがいも休みがあったはずだし、落ち着いて活動できるのは11月から一カ月くらいかもね。
それまで、今まで教えたこと、やったことを、子どもたちだけで、やっていけるように、何かに書いて残そうか、と思っているけれど、すぐに無くすだろうなぁ…。
最終報告に向けた準備も少しずつ始めたいし、子どもたち一人一人に手紙でも残したいし、自分の荷物も夏物から処分し始めないといけないし、どこからなにをすればいいのやら…ついつい思い出作りにばかり走りがちな自分に渇を入れねばなりません。

なんて言いつつ、明後日も、カラコル市でリナットさんを囲んでの思い出作り!!カレーを食べたいと言うので、朝から煮込んで美味しくいただく予定です!!
ま、とりあえず、明日は、日曜日が先生の日で、月曜に学校で子どもたちはお祝いするはずなので、ギフトカードでもみんなで作りますかね。
明日行ってみないと、子どもたちの手が空いていて、活動できるか分からない所ではあるけれど。

家に帰れば帰ったで、こちらも、保存食作りに余念がありません。
今日はスビョークラ(ビーツ)のサラダを作っていました。
真っ赤なスビョークラのサラダは、日本ではなかなかお目にかかれない代物です。
スビョークラはそのままでほんのり甘くて、色がきれいで、サラダにするととても美味しいし、ボルシチには欠かせません!!

今日も仕込んでいるそばからつまみ食い。
美味しくて完成を待ちわびていると、「今朝ケフィール(ヨーグルトのようなもの)を作ったから飲みなさい」と、コップに満々と注がれるケフィール!!自家製!!美味しい!!もちろんもとになっている牛乳も我が家の牛から。

最近おそらく腐った玉子を食べて、当たって体重が日本にいたくらいに落ちていたのに、これじゃあっという間にキルギス体重に戻りそう。
その後完成したサラダも、ビンに詰めるそばで、お皿2杯平らげました。
こうして収穫の秋に、冬に備え太るんだろうなぁ。

合計10個のビン詰めサラダが出来上がり、1つは日本に持って帰る予定。
「家に帰って、これで家族にボルシチ作ってあげなさい」だって。
もったいないから、そのまま食べるけどね。
ボルシチは別に作ればいいし。
無事日本に持って帰れると良いけれど。
そんなこんなで、最近帰国時の話題が増えた夕飯時の我が家です。

あーあ、今年も家で年越ししたいなー。
美味しいものいっぱい作って、とりあえず、大統領の年始の挨拶を訳も分からずテレビで見て、そのあと道で手持ち花火打ち上げて…、寒いよー、って言いながら家に入って、あったかーいチャイ飲みながら、いっぱいつまみ食いしてるからもういらないのに、ごちそうまた食べて、新年を祝うのだ!!
一回家引き払った後に、また遊びに戻れたら戻ろうかな。
紅白なんて、ビシュケクで今年また見られなくても、ドリカムの部分だけ、どこかに落ちてるネットで見れば良いんだもの!!

こんなあと3カ月の雑感…

さ、明日の活動準備しよっ






コムズのレッスンへ

村の音楽学校はもう夏休みで休業中
とはいえ、3か月も休まれたら残り少ない日数で、より多くの曲を学びたい身としては、非常にありがたくないお休み
先生にもっと教えてもらいたいんだけど…と言うと、学校に出てきている期間中は学校で、それ以外は可能であれば家で教えてくれることに
15日までは出勤中と言うことで、今日は音楽学校でのレッスン

昨日電話で午後2時の約束をしたけれど、どうにもこうにも怪しい雰囲気だと思ったら、案の定の待ちぼうけ
3時になってようやく現れた
待ちぼうけにもだいぶ慣れた
先生は割と携帯の残金もちゃんと入れてるタイプだから、連絡もつきやすいし

ただ、今日おさらいして、新しい曲にいくはずが、もうおさらいしている曲は分かるでしょ、じゃ次って感じで聞いてくれなかった…!!
まあ、いいけどさー、あとは自分で何回も弾くしかないし

新しい曲も、楽譜に載っている曲を教えてくれようとしていたのだけれど、先生が習った時と大分違うようで、悪戦苦闘…本当に今日教えてくれた弾き方で良いのだろうか…
コムズは口承で伝わり、楽譜にされたのはごく最近のことのようで、以前は習う人が違えば、同じ曲でもかなりニュアンスの違うことがよくあり、今でも習う人により、また村村により、違う弾き方をしています
でも、楽譜で教えてくれるなら楽譜通りに教えてもらえるほうがあとあと助かるんだけどなぁ…
あんまり好みの曲じゃなかったし、自分でこれ教えて!!って言えば良かった

帰国までにあと何曲習えるかなー
どんなに村でたくさん習っても、ビシュケクメンバーの弾き方とはだいぶ違くて合わせづらく、アンサンブルに参加できないのが非常に残念…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。